まな板の上の鯉、正論を吐く



『徹底抗戦』を読んだあと、ホリエモンの近況を知るために『まな板の上の鯉、正論を吐く』を
読んでみました。

出版不況ということもあり、新書という形で比較的安く売るのが流行のようです。
ただこの形だと出版社ごとに棚が違っているので、本屋で探すときは結構苦労します。
以前はホリエモンの本だと書店の目立つところに置かれていて、自然と手にしたものですが。。。

さて内容に関してですが、ファンからの質問にホリエモンが答えるという形で書かれています。
文章もきちんと『です』『ます』調で書かれていてすっきりした感じです。

とくに政治家になったらどういう政策をとるかといったあたり、斬新な発想が多く書かれていて
参考になります。

ライブドア事件に関する記述も多く書かれていますが、『徹底抗戦』に書かれた内容とかなり
かぶっています。

全体としてホリエモンらしく前向き、肯定的に書かれた本ですので、人生相談的なちょっとした
アドバイスを求める方にお薦めの本と言えるでしょう。